サンカットVSビオレ日焼け止めスプレー比較!携帯にも便利、メイク後にも使える

どうも ミルです。

スプレータイプの日焼け止めってとても楽ですよね。

体にはクリームタイプの日焼け止めを塗っているのですが、私はUVスプレーを玄関先に置いておいて、出かける前に足の甲やすねなどにさらにもう一度つけてから外出しています。

また日焼け止めを腕に塗り忘れた時も、玄関でスプレーしておけば部屋に戻らなくても済むので重宝しています(^^)

今日は口コミサイトで人気のコーセーサンカットプロテクトUVスプレービオレUV 速乾さらさらスプレーをご紹介します♪

どちらが使い勝手がいいのかテクスチャー、使用感など比較レビューしていこうと思います。

サンカット プロテクトUVスプレーの特徴

サンカットUVスプレー

コーセー サンカット プロテクトUVスプレー

SPF50+ PA++++で、汗・水・皮脂に落ちにくいUVカット指数最高値の日焼け止めスプレー。紫外線を長時間ブロックしてしみそばかすを防ぎます。

白浮きせず、髪や分け目、地肌だけでなく、メイクの上からでも使える透明タイプです。

ビオレ UV 速乾さらさらスプレー の特徴

ビオレUVスプレー

花王 ビオレ UV 速乾さらさらスプレー

サンカットと同じSPF50+ PA++++。

ぬり直しなどで重ねてつけてもベタつかない速乾性のUVスプレー。
髪や頭皮にも使える透明タイプです。

強力紫外線から肌をしっかり守り、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。




サンカット・ビオレ UVスプレー使用感レビュー

サンカット ビオレ 日焼け止め

どちらも人気のUVスプレー。

使用感の違いなどをレビューしていこうと思います!

まずはテクスチャーから。

サンカット

サンカット日焼け止め

近距離からスプレーしたのでかなり液がたらっとしてしまいました。

本当は手につけてから顔や体などに塗ります

肌に伸ばすとけっこうぬるつき、ぺたぺた感があります。
肌に密着感があるといえばそうなのかもしれないですが…。

ビオレ

ビオレUVスプレー

同じく近距離からスプレー。
すぐたれるほどゆるゆるの液。

名前が「速乾さらさらスプレー」なのでかなりなさらさら感を期待していましたが、ほとんどさらさら感は感じません
(ただサンカットと比べるとわずかにさらっと感を感じます。)

リキッドファンデの上からスプレーし、指でなぞってみる

サンカット

サンカット日焼け止め

真ん中のところのファンデーションがはげた状態になっています。

UV液にファンデーションが浮き上がってきてしまうので指でちょっとこするとすぐにファンデーションが分離してしまいます。

ビオレ

ビオレUVさらさら

こすってもファンデーションがサンカットのように分離しません。

全体的にファンデがきれいな状態についたままです。

(実際の使用法はUVスプレーを手に取ってからメイク後の顔につけます)

おすすめは?

サンカットはべたつき感が気になり、顔に使う場合吹き出物ができないかなぁ…と少し心配になりました。

ビオレも「さらさら」と名前がつくわりには、そんなにさらさら感がないので”さらさら”を求める人には物足りないかな?と思いました。

ただどちらも体に使うならべたつきもそこまで気にならず、お出かけ前にシュっとひとふきできるので便利だなと思います。

顔に使うなら、メイクの上から使ってもファンデーションがずれたりせず、サンカットほどは油っぽくないのでビオレのほうがいいと思いました。

どちらかを選ぶなら私はやはりビオレのほうがいいかな…。

スプレータイプの日焼け止めはべたべたしやすいので、顔にはクリームタイプの日焼け止めをメイクする前にしっかり塗って日中、汗で流れてしまったら補助的にUVスプレーを使うのが一番いいかもしれません(^^)

クリームタイプ アネッサ日焼け止めも紹介しています

ブログ主のメイクビフォーアフター




良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ

スポンサーリンク