歯間ブラシで口臭予防!するりと入って痛くないデンタルプロがおすすめ★

どうも ミルです。

道で通りすがったおじさん、すごい口臭でびっくりする時ありませんか?
(;へ:)

私はたびたびそういう人に遭遇するのですが、たぶん歯は磨いているけど歯間ブラシしてないんだろうな…と思います。

食べ物が腐ったような匂いだと絶対そうです。(* ̄▽ ̄*)

年をとると歯茎も痩せて歯の間にスキマができてきます。
そこに食べかすがつまりやすくなってくるので口臭の原因になるんですよね。

歯磨きしても、けっこうとれてないんですよ。
あとで歯間ブラシするとびっくりすることあるある~です。

今日は私が一番気に入っているデンタルプロの歯間ブラシを紹介します♪

サイズが選べて交換も可能!デンタルプロの歯間ブラシ

デンタルプロ歯間ブラシ

デンタルプロ 歯間ブラシ I型

15本入り。7サイズもあるので自分の歯の隙間に合わせて選べます
(ちなみに私はいつもサイズ3の1.0ミリです。)

奥歯に使いやすいL字型もあり、歯の間に合わせて選ぶこともできます。

なんとサイズがあわなかった場合でも商品をカスタマーセンターに送れば、無償で交換してくれる太っ腹です♪

このデンタルプロの歯間ブラシを使う前には、全体がゴムでできている歯間ブラシも使ってみましたが、歯に入りにくく、痛くて使えませんでした。

でもこの歯間ブラシは全然痛くなく、どんな歯の間でも通しやすいので愛用しています。

数年前、歯医者さんで「歯間ブラシは必ず毎日してください」と言われてから、糸ようじと一緒に欠かさず毎日使っています。

おかげで今では歯茎がしまり、歯医者さんでほめられるほどになりました(^^)

ヘッドが曲がるので歯の表、裏面からも掃除できる

デンタルプロ歯間ブラシ

先が細くなってるオレンジ色のところから曲げられます。
(ちなみにブラシのところから曲げると折れやすいです。)

曲げると歯の裏からも歯の間に差し込みやすいので、歯の表からも裏面からもしっかり掃除できます。




最初は歯の表側からしか掃除していなくて、歯茎がブヨついてるところがあったんです。
「必ず歯の表からも裏からもしっかりブラシを使ってください」と歯医者さんに言われてしまいました。(裏から歯間ブラシする発想すらなかった)

あと歯茎から血が出ても使い続けること
(サイズがあわなくて血が出るのではなく、歯茎が弱っていて血が出る場合のことです)

毎日歯間ブラシをして、悪い血が出きってしまえば歯茎がしまって歯槽膿漏にもなりにくくなるそうです。

私もはじめて歯間ブラシを使ってから2週間くらい歯茎から血が出ましたが、今はまったく(どこの歯にブラシを差し込んでも)出なくなりました。

歯茎がしまって、歯と歯茎の間に以前はあまりなかったスキマができています!

汚れが出て驚く 歯磨き後の歯間ブラシ

ちゃんと歯を磨いたのに、歯磨き後に歯間ブラシをするとけっこう汚れが出てくることがあります。

歯ブラシだけでは、やはり限界があるんですね。(・・;)

デンタルプロのHPによるとハブラシと歯間ブラシを併用すれば歯垢の除去率が95%になるそうです。

歯ブラシだけだと58%!
今まで半分程度しか磨けてなかったんですね(^^;)

歯間ブラシデンタルプロ

キャップつき

キャップつきなので、旅行に携帯する時便利です。

一パックに15本入っていているので使い捨てにしても約半月持ちます。
いいのかどうか分かりませんが、私は使った後、除菌ソープで洗って乾かして数回使いまわしています。(; ̄ー ̄川

歯間ブラシをしたら気分もさっぱりします。
私は今では歯磨きだけじゃ絶対に済ませられません!

一度使ったら気持ちよくて習慣になりますよ♪

ブログ主メイクビフォーアフター

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村


美魔女ランキング




スポンサーリンク