つけまつげは老ける!30代・40代アイメイクのポイント

どうもミルです。

いま、たくさんの種類のつけまつげが売っていますよね。
見ているだけでも楽しいんですが「つけてみたらなんだか逆に老けてみえる…」って思ったことありませんか?

私もその一人です!

きれいになるためにせっかく買ったのにつけまつげをつけると、さらに老けて見える…。

私は整形メイクをしているのですが、まつげメイクで気をつけている小さなポイントがあります。

それを今日はご紹介しようと思います(●^o^●)

つけまつげNG! 長さよりも濃さを重視してー5歳

だいたい30代後半から40代になると引力の法則からか下に下にと肉が下がってきます。

あごのラインがどんなにシャープだった人でも輪郭がぼんやりしてくるのではないでしょうか。

少しでも顔を上に引き上げて見せるためには、顔の上方にパーツをもっていかなければなりません。

またマンガのでも分かるとおり、子供や若い人は顔は横に広め、大人、お年よりはたてに長く書きます。

まつげ長い

つけまつげをつけると顔の縦のラインが強調されるので老けて見えるのだと思います

濃いまつげ

推測ですが、それに比べて短い自然の長さのまつげは横の線が強調され、顔のパーツもあがって見え若く見えるのではないかと思います。

画像を比べてもまつげの長い画像はお姉さんぽく、短いほうは大学生、って感じがしませんか?(●^д^●)

なので私はまつげは長さよりも濃さ!が若さの秘訣だと思っています。
30代40代、50代の方はまつげは長いよりも濃いほうにもっていったほうがいいと思います。

あともう一つ気をつけたいのは目じりが長くなっているつけまつげです。

たまにこの目じりのまつげが目じりのしわにみえるときがあります…。
アラフォー世代はとても危険です。

目じりの長いまつげ

そのほか、それでなくても年齢により目じりが下がってきているのに、長いまつげでさらに目じりが強調されてダレ目(たれた目)になる可能性があります。

(いつもすごいと思うことは、平子理沙さんは目じりの長いまつげをつけていらっしゃるのですが、40代だけどとても良く似合っています!これがやっぱり一般人とモデルの顔のポテンシャルの違いなんでしょうね…。)




まつげは垂直に!カジュアル路線で若返り

小さなまつげメイクのポイントですが、まつげはできるだけ目に対して垂直になるようにビューラーをかける、まつげコームでとかすのがおすすめです。

まつげ比較

年をとるとまつげにコシがなくなってくるのか、目じり側に倒れやすいです。
これがまたじり側を強調することになるので老けて見えます。

やっぱり若い方はまつげもハリがあってピン!とまっすぐ生えてますもんね。

つけまつげが老けて見える要因って、そういえばそのゴージャスさにもあるのではないかと思います。
やっぱり「カジュアル」っていうのが若さの要素の一つかもしれません。

昨日ヒルナンデスのコーデ対決に神田うのさんが出ていたんです。
最初に登場した時はやっぱり高そうな服をお召しになっていたんですが、モデルのマエノリさんがなんとマジェスティックレゴン(10代~20代の若い人向けブランド)のトレーナーをコーディネイトしてました(≧ε≦)

うのさんにそれがすごく似合っててびっくりしました!
チープ感もなく、うまく全身まとめられていてとてもオシャレでした♪

正直言って、最初に着てきた自前?の服よりとっても若く見えるし、素敵でした~((*´∀`))

うのさんの普段着がゴージャスすぎて、マダムっぽかったんですね。
やっぱりカジュアルなスタイルのほうが若々しく見えました!



まつげも同じことが言えるかと、思いました(#^_^#)

ブログ主のメイクビフォーアフター

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ

スポンサーリンク