30代40代メイク方法(2)目のクマを消すやり方!コンシーラー、筆、パウダー必須

どうもミルです。
私のスッピンを見てもらえば分かるとおり、ものすごいクマと毎日戦っています・・。


そもそも子供のころからクマがあったのですが、40代にもなるともう色素沈着して殴られたのかと思われる黒さです(* ̄▽ ̄*)


さまざまなクマの隠し方を試してみてこの方法に現在たどり着きました。私と違い、普通程度のクマならわからないくらい隠れると思うので、良かったら試してみてください!

コンシーラーを小さく重ね付けしてしっかりクマを隠す



30代後半から40代、50代ともなると目の下にくぼみの影が加わり、目の下になんとなく半リング状のクマが・・。(((( ;゚д゚)))


まずはこのリングを断ち切ることからはじめます!(笑)
小さな範囲を濃く重ねづけすることでナチュラルにクマを隠します。


ポイントは目の下のクマリングの一番下がった点をとにかくコンシーラーで重点的に消すことです。
クマ全体を同じ濃さで塗ると、目のたるみが目立ちます。

私は細い絵筆(私は100均で購入)で「てんてんてんてん・・・」とその部分を打つように塗っていきます。
そのあと指とんとんしてぼかしていきます。

目のクマを消す方法 順番・ポイント

1・洗顔後クリームなどで顔を整えたら下地をクマ、ほうれい線にそっていく感じで伸ばす

シミやそばかすなどをカバーできる下地がおすすめです。




2・下地の上からコンシーラーを使い、ある程度クマを隠しておく

目のクマがひどい人は下地の時点である程度クマを隠しておくと断然後がラクになります。
あとでまたコンシーラーを使うのでこの時点ではなんとなくでいいです。

 

絵筆でてんてん



このとき使用しているコンシーラーは

資生堂 スポッツカバースポッツカバー ファウンデイション



どうでもいいですがファンデーションじゃなく、ファウンデイションというところがオシャレな資生堂です。


あざ、シミ(肝斑)、やけどあと、傷あとなどをカバーするベースカラー、と説明書きにある通りしっかり隠したい人用のコンシーラーです。


それだけに質感がこってりで色味が濃く、
ファンデーションの上に塗ると「若干塗ってます感」がでるので下地の時点で使っています。
ちなみに私はカラーはH100を使ってます。



3・リキッドファンデーションを塗り終わったら、コンシーラーで再度ピンクの点を重点的に絵筆で塗る。

目のクマ


目尻の下まぶたのふち部分もちゃんと塗ります。(目が上がって見えます)↓

メイク方法

目の周りにシミなどがあればこのとき絵筆で塗っておきましょう。


この過程で使用しているコンシーラーは↓

COVERMARK(カバーマーク) ブライトアップファンデーション

今までかれこれ10本は使っているような気がします…。
とてもしわにも食い込みにくく、どんなに重ねても厚ぼったさがありません。


カラーはY-1を使っています。


4・フィニッシングパウダーをもみほぐしたパフで顔にごく薄くはたく。

いつも使っているフェイスパウダーでいいです。
あんまり粉が多いとごたごたしますので気をつけてください。



5・さらにその上から、クマの気になる部分を再度絵筆で”てんてん”とコンシーラーを重ね付けする。



パウダーがついているので重ねたコンシーラーもずれず強力に付きます。
指でトントンとたたいて伸ばさないように付けます。



粉をはたいているのでしっかりつきました

6・ブラシでパウダーファンデーションを目の下につける

パウダーファンデをブラシで目の下につけてください。


クマから鼻の横、ほうれい線にそってパウダーファンデをブラシでなぞっていくと顔がさらにきれいにみえます。

このときクマがまだどうしても気になるところがあれば、また絵筆を使ってファンデの上から軽く塗ります。
絵筆を使うと1ミリ2ミリの感じで塗れるので、細かくカバーができます。


指でやさしくトントンとおさえればファンデの上からでもよれません。

もとがひどすぎるので完全とまではいきませんが(汗)
結構隠れました

ちなみにコンシーラーを塗るときに使っている筆はこちらで見てください!

ブログ主のメイクビフォーアフター

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ

スポンサーリンク