30代40代メイク方法(3)アイプチ・アイテープでたるみを消して若返る

顔の印象がガラリと変わるのはなんと言っても


1.アイプチ
2.
カラコン


だと思います!
特に40代にもなると目の下がりやまぶたのたるみで一重っぽくなってくるのでそれをグイッと簡単に上げられるアイプチを使った二重はとても若見えに効果があります(*^∇^*)☆


私ももともとは二重まぶただったのですが、幅がだんだんと狭くなり今はギリギリ二重かな?という感じです。


目を整形するのはまだ怖い方も(私)、手っ取り早くアイプチ(アイテープ)で変身しましょう☆

おすすめのアイプチ・アイテープ!これでくっきり二重

今までたくさんのノリや二重ファイバー、アイテープを使ってきましたが、本当に二重になったのはほんの一握りの商品です


現在は紆余曲折を経て、こちらを使用しています。(*σ´∀`)σ


mezaik petit(メザイク プチ)テープ3.5


ハサミで半分にして幅を調節

粘着力がとにかくとても強い!

ただ『3.5』という名の通り3.5ミリ幅があり、このまま貼ると目立ちやすいのでハサミで半分に細くカットして使います。
メザイクシリーズのこれより細いタイプのアイテープもあるのですが、二重にならなかったです(^^;)

3.5は断然粘着力があり、汗をかいても水にぬれてもはがれません




説明書どおりだと、まぶたの中心から伸ばしていくのが正しいのですが、私は目頭のほうにもっと強く食い込ませたいので目頭からテープを伸ばしてつけています。目頭が下がったほうが目がつりあがってたるみが解消するからです。

あと、平行につけるよりもこのほうが自分で簡単に目じり側のテープを上げてつけられるので目が釣りあがり、顔がリフトアップして見えます。
(アラフォーの方、良かったら試してみてください。)



若い人と違って「たるみ」により折りたたむまぶたの量が多いのでどうしても幅が太くなってしまうのが目下の悩みです(;^ω^)

 

テープの先だけ少し引っ張る

テープの端が太くて目立つので、少しひっぱって細くしてからまぶたにつけていきます。
まぶたに伸ばして余ったテープは小さなはさみで切り、テープの端に二重ノリ(液体アイプチ)をつけるとさらに取れにくいです。


この時のノリは二重にするような粘着力は要らないので以前買って二重にならなかったノリを使うと有効活用できます。(笑)

 

良かったらクリックしてね!

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク