顔そりできれいになる方法!ここを念入りに剃って顔を明るくしよう♪

どうも ミルです。

私の母親が美容師だったので、中学生のころからプロ用のカミソリで自分で顔を剃ってました。

すっきりするので顔そりが好きで(笑)、週1,2回必ず剃ってました。

顔を剃ると、余計な皮脂や汚れが取れて化粧のりが良くなるのでおすすめですよ★

今日はおすすめのカミソリや、私が独断で思う「ここを念入りに剃るときれいに見える!」という顔のパーツをご紹介します♪

どうせ買うなら使いやすいプロ用顔そり用カミソリがおすすめ

顔そり

写真のものは、私が15年位前に買ったプロ用の顔そりカミソリです。
値段は確か4000円くらいでした。

プロ用カミソリは街の美容材料屋(普通の人でも買える)や楽天などでも売っているので、どこでも簡単に手に入れられます。

カミソリの歯を変えればずっと使えるものなので、トータルで見ればコスパは使い捨てよりいいとおもいます。

使い捨てのカミソリを使っている方が多いかもしれませんが、ぜひプロ用のカミソリを一度試してみてください。

とっても使いやすくてびっくりすると思います(^^)

持つところが微妙にカーブしていて使いやすく、肌あたりも優しいです。

使い勝手がよく、産毛を剃りにくい顔の細かい場所も自分できれいに剃ることができますよ(^^)

ここを念入りに剃れば顔がぱっと明るくなる★

顔そり 場所

こめかみ

この場所を明るくすると顔がきれいに見えるんです。

基本のメイクのページでもご紹介しています

ちなみに指でこめかみを上に引っ張りながら、下方向に剃ると剃りやすいです。

眉毛の上

貝印のHPによると眉毛の上1センチは剃らないで下さい、と書いてあるのでここを剃る方は自己責任でお願いします(^^;)

眉毛はくれぐれも剃らないよう注意してください。

眉毛の太い毛ではなく、眉毛の上のギリギリに生えている産毛を剃ります。

ここをきっちり剃ると、顔が明るくなってあか抜けて見えるんですよね。

顔そり

眉間

眉間も念入りに剃りましょう。

人相学的にもここが汚い人は運が悪くなると言われています。(>へ<)

眉間も余計な産毛を剃ってきれいにすると顔がきれいに洗練された印象になります。

ちなみに 顔そり前のクリームはニベアがマスト!

顔そりクリーム

顔そりをするときは、肌を傷つけないようニベアをたっぷり塗ります。

顔そり前のクリームはニベアが一番おすすめです!

(美容師だった母親も家で顔そりする時は必ずニベアを塗っていました。)

顔にたっぷり塗ると全然肌に吸収しない(^^;)ので、逆にいいのです。
顔にニベアを厚く塗ったら、このクリームをそいでいくように顔そりをしていきます。

肌に優しく剃れて、顔そり後も肌がひりつかず、しっとりです♪

ちなみに顔の正しい剃り方は貝印のHPなどを参考にしてくださいね。

ブログ主のメイクビフォーアフター

良かったらクリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村




スポンサーリンク