40代アイメイク・アイシャドウの塗りかた、使い方☆たるみ目を上げるポイントは?

どうも ミルです。

最近、渡辺直美さんのメイクを見ていたら、濃いピンクのアイシャドウがとても似合っていたので、私も欲しいな~と、ぱっきりしたピンクのアイシャドウを買っちゃいました!

40代、50代はアイシャドウ(色が濃いもの、はっきりした色のもの)を使う時、若い人と同じようにアイホール全体に塗ってしまうと目が下がってたれ目になり、老けて見えてしまいます。

今日はちょっとしたアイシャドウの塗り方のコツ、ポイントをご紹介します☆

アイホール全体にアイシャドウをつけるとたるみが目立つ

40代アイシャドウの塗り方

目の形の違い

40代、50代と若い人の目の形は違います。

中年になるとまぶたがたるむので、目が三角形に近いフォルムになります。(図のようにまぶたの中心が一番高くなる)

なので、若い人と同じようにアイシャドウを塗ると…

アイシャドウの塗り方

三角形を目立たせてしまう

まぶた全体にアイシャドウの色を乗せると、目の一番高くなった箇所がさらに高くなってしまいます。

なのでたるんだ目の三角形がさらに強調されることに…。

まぶたの中心部を細めに塗ることで、若い人の目の形に近づける

できるだけ若い人の目と同じフォルムになるようにアイシャドウで色をつけていきます。

アイシャドウやり方

まぶたの真ん中のアイシャドウを細めに塗ることで若い人の目の形に近づけます。

アイシャドウを全体的に同じ幅で塗るよりも、目の中心部の長さが短くなり40代50代の「三角形の目のかたち」が和らぎます。

アイシャドウ塗り方

ピンクで囲った場所のように塗ります。

似合ってます

目が下がってきている方は若い人のようにアイシャドウをアイホール全体に塗らないほうがいいと思います。

ブログ主のメイクビフォーアフター




良かったらクリックしてね!
にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ

スポンサーリンク