紫チークで変身!毛穴の開きやしわをなくし30代40代も肌の透明感UPさせるメイク☆

どうも ミルです。

去年あたりから流行しているパープル(紫)がかった色のチーク

クリニーク(CLINIQUE)の頬紅、チークポップの15 PANSY POPは紫チークの火付け役として大人気でしたね。
(私も買いに行きましたがずっと品切れでした…)

目新しさはあったものの、紫チークってそのまま30代、40代のくすんできた肌にメイクするとなんとなく白っちゃけて老けて見えるんですよね。

赤みがない分、なんだか目のクマも目立つ…。

でも肌に透明感は出るし、毛穴を隠してくれる力がすごいのがもったいない!

これをどう使いましょう?

そこで今日はこのパープルチークをベースやポイント使いで使う方法をご紹介します♪

透明感爆上げ!まず使う紫チークはエチュードハウスがおすすめ(プチプラ)

エチュードハウスチーク

エチュードハウス(ETUDE HOUSE)   ラブリー クッキー ブラッシャー

クリニークの紫チークを使わなくてもこれで十分だと思いました(^^;)
クリニークは3300円、エチュードハウスはなんと680円!!(パフつき)

プチプラだけど、とても透明感が出るし、サッとひとはけするだけで毛穴やシワも目立たなくしてくれるんです☆

はじめて使った時感動しました~☆

エチュードハウス紫チーク

ふたを開けるとパープル感あふれるかわいい色です!

エチュードハウスチーク

色をはっきり出すために強くこすったのでけっこう色が出てますが、パフで塗るともっと自然なピンクがかった明るいパープルです。

白っぽくなりがちなのでこれ単体ではつけるのが難しい色です…。(^^;)




40代~は紫チークをベースに使って毛穴をぼかす

紫チークを頬全体に入れてから、今使っているチークを重ねるときれいな肌にみえますよ。

紫チークの使い方 その1

紫チーク

全体的に薄く紫チークを入れます。

紫チーク

こんな風にいつものチークを上に重ねます。(白っぽいピンクの場所)

(チークの入れ方はこのページを参考にしてください。)

あまりオレンジが強いチークだと差が激しくなってしまうので重ねる時はピーチ系、ピンク系のチークだとなじみやすいです。
(薄い色は紫の力でさらに薄くなってしまうので注意)

ちなみに濃すぎて使えないチークは、パープルを入れれば明るい色になって復活できます!

ツヤも出て明るい頬になります(^^)

頬の上部に紫チークで頬を吊り上げてリフトアップ

紫チークの使い方 その2

紫チークの使い方

いつものチークを全体に入れてから、頬の上の部分(矢印の場所)に紫チークを入れます。

私の顔でやって見ますと…

紫チークの入れ方

わかりにくいですが頬の上が一段明度が増して頬を引き上げ、顔全体がさらにぱっと明るい印象に。
ほうれい線も目立ちにくいように感じます。

ただこれもやりすぎると逆に間延びした顔になりやすいので(馬面になる 汗)、少しづつ試しながらつけてみてください。

「エチュードハウス」は若い人向けのコスメブランドっぽいイメージがありますが、最近はショップチャンネルなどでIKKOさんが紹介していたりして30代、40代~以降の方にも手の出しやすいコスメになってきています!

ぜひ興味があれば試してみてくださいね(^^)

ブログ主のメイクビフォーアフター

良かったらクリックしてね

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村




スポンサーリンク