若見えテクニック・ポイント一覧

写真を撮って若返り!顔の影を客観的に見ることで40代のメイク方法がわかる

30代40代50代のファンデーションの若返りを意識した塗り方。自分の顔の写真を撮ると客観的にどこがたるんでいるのか、ゆがんでいるのかを見きわめることができます。デジカメで顔の画像を見ながら陰になっている部分を一段明るいファンデで塗ることで昔の自分に一歩近づけます!

超強力でおすすめ!BNマイクロファイバー復活☆二重ファイバー・アイテープでたるみ目にも

新しく生まれ変わった人気の二重ファイバー、BN(ビーエヌ)のマイクロファイバーを紹介。何度かリニューアルしたものの粘着力が弱いものもありましたがこちらはおすすめです!強力なのでかなり失敗率も低いと思います。目立ちにくく不自然感もないのでおすすめです。

涙袋メイクで若返り!たるんだ目もとのリフトアップ・目のクマにも☆

涙袋メイクを紹介。30代40代~でも使える涙袋専用ペンシルライナー、ラブドロップス涙袋ウルミライナーを使ってメイクしていきます。涙袋に光を入れることで目元がパッと明るくなり目の位置が上がりリフトアップ効果も期待できます。目のたるみや目のクマもごまかせるので便利です。

アイメイクに平筆が便利!30代40代のたるんだ目もとを若々しくする方法

30代40代のアイメイクのやり方(補足)です。アイライナーにパウダーアイシャドウをつけてぼかしていきます。このとき細い平筆を使うと細くも太くも自由自在に書き足しができるのでおすすめです。目をつり目がちに書くことで顔がリフトアップでき若々しい印象に。

紫チークで変身!毛穴の開きやしわをなくし30代40代も肌の透明感UPさせるメイク☆

紫(パープル)チークは30代や40代以降の方にはけっこう難しい色です。肌がくすんできているとかえって老けて見えます。ですが、紫チークを普段使っているチークと組み合わせたり、ポイント使いすることで透明感をアップしたり毛穴を目立たなくさせることができます。

女性の薄毛、髪の分け目にタングル・ティーザー!簡単に地肌を隠せるブラシ★

人気のタングルティーザーを紹介。このブラシを使えば簡単に薄毛や髪の分け目も隠せます。特に女性は携帯しておくと、髪も整えられてとても便利です。くしの歯が細かいので、普通のブラシを使うより気になる地肌もふわりと髪の毛を集めて自然に目立たなくすることができます。

コンシーラーの効果爆増!チャコットのパウダーでシミそばかすをきっちり隠す

チャコットのフィニッシングパウダーを紹介。皮脂や汗に強く、表面はサラサラの仕上がりで毛穴も目立ちません。メイクも崩れにくく顔のテカリも抑えられます。またコンシーラーと2つ合わせて使うことでコンシーラーの効果を劇的にアップさせられます。シミやそばかす、目のクマに悩んでいる方にはおすすめの方法です。

ノーズシャドウなしでだんご鼻も鼻高く!鼻筋を通すメイク方法、やり方

ノーズシャドウを使わずに鼻を高く見せるメイクのやり方、ポイントを紹介します。エスティーローダーのダブルウェアマキシマムカバーメークアップかキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーを使います。おすすめはマキシマムで、ファンデーションやコンシーラーよりしっかり付き、汗をかいても崩れません。

30代40代におすすめ♪若見えチークの入れ方・場所

顔がリフトアップして若く見えるチーク(頬紅)の入れ方、方法をくわしくご紹介。整形メイク(詐欺メイク)をしている私が実践しているやり方です。頬の肉に逆らってチークを入れることで老けて見えない若見えの印象になります。30代40代のメイクにおすすめです。

コンシーラーとしても抜群の効果を発揮!エスティダブルウェアマキシマムが凄い

整形メイクに欠かせない、顔をリフトアップさせて見えるファンデーションを紹介します。コンシーラーとファンデーションの間のようなこのアイテムで顔の影を消していきましょう。ほうれい線をなくし目のクマ、シミ、ソバカスなどアラを隠し若見えメイクできます。

スポンサーリンク